読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

解像度が異常に低いゲーム「どとこい」をプレイしてみた

最近ノベルゲームコレクションというノベルゲーム投稿サイトがオープンしたので面白いゲームがないか漁っていたら常軌を逸したゲームを見つけました。

novelgame.jp

 

タイトルは「どとこい」。

どすこいみたいでイカツいタイトルですが、UIが8bit調ですごい好み。 かわいい。

f:id:putchom:20160911142511p:plain

 

さっそく軽い気持ちで始めてみるとギャルゲーにありがちなファーストコンタクト「通学路でぶつかる→イテテテ...」が起きます。

 

テンプレ乙とおもいきや、 

 

f:id:putchom:20160911133547p:plain

 

f:id:putchom:20160911142817j:plain

 

なんだこれは...

ピンク色の正方形が喋っておる...使徒っぽい。

メインヒロインだけかと思いきや登場するヒロインが全員正方形でした。

ビースティ・ボーイズの『Hot Sauce Committee Part Two』のジャケットを彷彿とさせます。

 

サイトの説明文をよく読むと、

 

高校の入学式当日、主人公は悪魔に呪いをかけられます。
それは、主人公から見る美少女の解像度が下がりすぎて、もはや■に見えてしまうというもの。
好感度を上げていけば、女の子の画質も上がり表情が豊かになります。 

 

などと書いてあり、会社の同僚がはまっていた寿司ネタと恋愛する乙女ゲー以来の衝撃です。

 

とりあえず進めて好感度をあげていくと、美少女の解像度がどんどん上がっていきました。これがとても楽しい!!!!

 

f:id:putchom:20160911140314p:plain

そしてようやくエンディングで各ヒロインのご尊顔が拝めました。

絵もとても好みな感じ。

ありがたみが今までのゲームとは段違いです(当社比)。

 

ギャルゲーって基本的に「エンディングを見る」という長期的な目標に向かって進んでいくので途中で中だるみしてしまいがちなんですが、「ヒロインの解像度をあげる」という中期的目標も設定してあって作り方がうまいなーと思いました。

 

あと全体的にギャグセンスが素晴らしかったです。

ヒロインの好感度をあげると正方形が少し角丸になるなど図形に関するネタも随所に散りばめてあってデザイナがクスッとなる内容でした。

 

また、BAD ENDも普通はだいたい暗くて陰鬱な気持ちになるのですが、一番意味わからなくて笑いました(正確にはBAD ENDではない)

 

自分はこちらの#6e89b8の関根唯ちゃんが最高に好みでした。

思わずPhotoshopのカラーパレットに追加しました。

 

f:id:putchom:20160911135500p:plain

 

1時間ほどあれば全ルートプレイできるのでぜひプレイしてみてはどうでしょうか?

 

novelgame.jp

 

Hot Sauce Committee Pt. 2

Hot Sauce Committee Pt. 2